本文へスキップ
研究所の紹介 新着情報 研究成果 研究員紹介 問い合わせ 英語 リンク

研究員紹介
消費生活研究所 研究員をご紹介します

                                     
職 名 氏 名 主な研究領域 研究内容 コラム
・所長
戸部依子 ・品質保証
・食品安全
・マネジメントシステム
・お客様の声を活用した品質保証体制の在り方
・食品を安全にとりあつかうためのHACCPのしくみと食卓のつながり
・2015年版ISO9001(品質マネジメントシステム)の理解と対応
・医療・福祉分野における品質保証のしくみと効果
・顧客満足の商品やサービスの設計開発
トレーサビリティシステム・・・活用できていますか?
・常任顧問
磯村浩子 ・自動車取引
・自動車安全
・生活経営
・消費者教育
・自動車をめぐる消費者問題
・中古自動車の取引と安全
・シニアエイジの生活保障とリスク管理
・消費者が知っておきたい知識の体系
・消費者科学と消費者市民社会
レモン法をめぐって
・主任研究員
土田あつ子 ・金融消費者問題
・ADR
・シニア・高齢者問題
・住まいと不動産問題
・住宅に関する消費者啓発に向けた新たな考察
・中古住宅市場と消費者
・空き家に関する諸問題
・消費者からみた公益通報者保護制度
最近の賃貸契約にまつわる問題考
―個人アパート経営の課題―

福島を訪ねて
・主任研究員 野田友恵 ・製品安全
・製造物責任
消費者、事業者、行政が相互理解・協力し、安全・安心な生活を実現する製品安全に関わる社会のしくみの構築を目指して 消費者の視点に立った製品安全の確立を目指して
・主任研究員 浅野智恵美 ・環境教育
・環境政策
・省エネ、エコライフ
・環境ラベル
・消費者教育、環境教育、環境学習に関すること
・持続可能な社会と暮らしのつながり
・地球温暖化防止、省エネ、3R、ごみ削減、生物多様性保全に向けた取組
・環境ラベルの種類と特徴、利用法の紹介
・グリーンコンシューマーの育成と役割
アメリカのスーパーチェーンの環境取組
ハンバーガーに海のエコラベル商品、登場!
「エコモビリティライフの日」制定を受けて
・研究員 上田純也 ・SCM
・原価管理
・農業経済・経営
・内部監査・統制
・税務
・消費者志向となるSCM改善事例の考察
・農産物価格の与える農業機械化率と消費者行動への影響
・部品カルテルの及ぼす企業業績への影響と消費者の損失について
・移転価格税制(SAARC、インド及び各州)
 
・研究員  岡野純司 ・独占禁止法・消費者法
・契約法
・小売経営・流通戦略
・経済法
・契約法
・企業法務
 
・研究員 神山久美 ・消費者教育
・生活経営・経済
・家庭科教育
・授業研究
・教師養成・支援
消費者教育の理論・授業実践・支援等の研究
・消費者教育の指導方法
・消費者教育用教材の作成・紹介
・児童・生徒・学生・社会人等を対象とした消費者教育の実践
・学校教員・行政職員等を対象とした消費者教育に関わる講演
・学校・行政・事業者等と連携した消費者教育の取組み
新学習指導要領における消費者教育
−家庭科の授業デザイン−
・研究員 釘宮悦子 ・苦情対応
・消費者思考経営
・製品安全
・苦情対応
・製品安全
・消費者志向経営
・消費者政策全般
消費者と企業が信頼関係を築くためには
・研究員 松島一恵 ・パーソナルファイナンス
・金融経済
・家計における資産形成・資産防衛
・パーソナルファイナンスからみたクレジット活用法
・金融経済教育(パーソナルファイナンス教育)
エンディング・ノートのすすめ
あなたのお金を守るため、知っておきたいこと
・研究員 宮園由紀代 ・消費者紛争の解決支援、分析
・消費者法
・消費者相談
・ADR
・交渉による解決と合意形成の理論と技法
・消費者紛争解決のための法活用
・消費者相談の理論と技法
・消費者相談の複合的な役割と相談者に適した対応
・消費者紛争の解決支援について紛争解決学の知見を応用する
消費者のエンパワーメントは何のため?
・研究員 森田満樹 ・食品表示
・食品安全
・リスクコミュニケーション
・食品表示の法制度について
・食品表示をわかりやすく消費者に伝えるには
・食品表示を読み取る消費者力を身につけるには