コーヒーの農園を視察しました

 


■ グアテマラのコーヒー農園を訪ねました

下記のとおりコーヒー農園視察を実施しました。
日時: 2009年11月19日〜11月26日

場所: ・グアテマラシティー近郊にある
       「サン・アウグスティン・ラスミナス農園」
      ・アンティグアにある
       「サンタ・クララ農園」、「サン・セバスチャン農園」

概要:
コーヒーは、赤道をはさんで南北緯25度の間のコーヒーベルトと呼ばれる熱帯地方の発展途上国で栽培されています。
コーヒーの持続可能性について考える時、生物多様性などの環境問題や、 生産地で働く人の社会的公平性のことなど、とても重要な問題があるのではないかと考えました。
そこで、自分たちの目で確認するため、実際に、上記3農園を視察しました。

    

今回の視察は地球環境基金の助成を受けて実施いたしました。


ホーム > 調査・研究 > サイトマップ
ホームへ